長岡式酵素玄米と寝かせ玄米の違いとは?

長岡式酵素玄米と寝かせ玄米の違いとは?

酵素玄米といえば「長岡式酵素玄米」なくして歴史は語れないのではないでしょうか。
私も川崎本部まで講習会に行ってきたのですが、なるほど納得です。

 

 

単に多くの栄養素を含む完全食と頭で理解するより、何倍も愛着が湧きます。
そして、何より酵素玄米が美味しいです。
美味しいと感じないと続かないですからね。

 

 

さて、本題に戻りますが、酵素玄米と寝かせ玄米って何が違うのでしょうか。

 

源流

 

長岡式酵素玄米は源流のような印象があります。
ひねっていないというか、シンプルです。
玄米に塩と小豆を入れ、そのまま圧力鍋で炊き上げ寝かせます。
まあ、色々と細かなルールはありますが、大まかにはこれだけです。

 

 

では寝かせ玄米とは酵素玄米と何が異なるのでしょうか?
基本的には同じものを指しています。

 

 

〇〇式といった元祖は何にでもよくありますよね。
その方の経験からたどり着いた形ですから、あえて区別するならその発信元が異なるから呼び名も異なる。
ただそれだけの事です。

 

 

酵素玄米、寝かせ玄米、発酵玄米、玄米酵素ご飯、これらはほぼ同じものとお考え下さい。

 

 

これも不思議な話ですが、発信元により細かなルールやスタンスに差があります。
長岡式酵素玄米は非常にストイックな食生活を理想としています。
しかし寝かせ玄米を提唱する「結わえる」さんでは、玄米を無理せず取り入れようというスタンスです。

 

 

このあたりは自身の響く方、心の向く方に進めばいいというのが私の考え方です。
やはり私は長岡式酵素玄米に出会っていなければ、きっと今も白米生活を送っていたと思いますので。